遺品整理フリマアプリメルカリ

遺品整理をフリマアプリを使って費用を捻出

ココのページではフリマアプリを活用するコツをまとめています。売却益で遺品整理回収業者に声をかけてその費用に充てるのが良いです。

 

メルカリ等のフリマアプリで売る際には値段よりもスピード重視

 

売りにくい物でもまとめ売りしたらある程度売れる

 

骨董品みたいな専門性の物は価格設定が難しい

ちなみに、親戚は、趣味がキャンプで僕が幼稚園の時から毎年無人島へキャンプへ沢山の仲間と行っていました。

 

売れそうなものは全てメルカリやラクマやヤフオクで検索して実際にいくら位の値段で取引があるか確認しましょう。

 

キャンプブームなので、キャンプ用品が沢山ありましたが良い値段で売れました。

 

中には未使用のモノもあったりして、ランタンは4つほど有りましたが全てすぐ売れました。

高く売れたら良いけどすぐに売るが基本

メルカリで出品する際のコツですが、誰もが少しでも高く売りたいと思いますが、賃貸の家の遺品整理は売れそうなものを自宅に引き取って置いておくのも良いですが、量が多すぎたら家に引き取って保管しておくと自宅が足の踏み場もない程のゴミ屋敷みたいになります。と言うか、なりました。

 

売れそうなものをドンドン売りに出して売りさばいていくことが大切です。

 

実際に取引されている値段の100円から200円下げて売りに出したらドンドン売れます。

 

遺品整理って物がありすぎるので時間を掛ければ何かしらお金になりますが、賃貸住宅の遺品整理は時間が限られています。

 

僕自身も頻繁に親戚の家には仕事もあり行けなかったので週に1回程度でしたが、それでも3か月くらいかけてメルカリに出品しましたがそれでも売れきれなかったので自分の家に持ち帰りましたがそこからまだ3か月位掛けて売り切りましたが最初の1か月はワンルームの自宅は遺品が散乱して足の踏み場もないような状況でした。

 

1つで売りにくい物はいくつかまとめて格安で売る

恥ずかしい物は全て元気な時に自分で処分した方が良いと書きましたが、親戚は80前のおじいちゃんでしたがタンスとかを整理すると大量の女性用下着が大量に出てきました。

 

恐らく、皆さんが想像している大量よりももっと大量です。友人知人にも、話をしましたが誰一人その人たちの想像を遥かに超える量でした。

 

よくある洋タンスが2つありましたが、タンスの容量の8割くらいが女性もの下着です。その9割程度がタグ付きの新品でした。こんなものが売れるのかなと思っていましたが、10枚セットで1500円とか2000円で価格設定したら毎日1つ2つ売れました。

 

量自体も普通に使う45?のゴミ袋で10袋程度の量でした。余りにも多すぎたので半分くらいゴミで捨てましたが、コツコツまとめ売りしたらそれだけでも5万以上になりました。

 

最初は1枚ずつメルカリで450円前後で出品しましたが、全く売れずでしたがまとめ売りで安い値段設定すると売れないものも売れるかも知れません。

 

元々購入時にお金は掛かっていますが、自分では購入していないので多少安くてもお金になるほうが良いですよね。

茶器等の骨董品の価格設定は難しい

父親が存命中に色々なものを捨てたり売ったりして整理していましたが、その中に祖父が茶器とかを購入したりしていたようでそれらも持っていてもスペースを取るだけなので売りに出してほしいと言われていました。

 

メルカリでも茶器や掛け軸などの骨董品はごく稀に出ていますが、価格設定が難しいです。

 

僕も茶器を出品した時に、作者で検索を掛けてどれくらいの値段で取引されていて、よく似た商品はその中でもどれくらいの価格帯か調べて8,000円と決めて出品しました。

 

茶器とかは、裏側に刻印がされていたり、茶器を入れている木箱を見たりして値段設定をするようですが、メルカリで出品しているとコメントで、茶器の後ろ側を写真で載せてほしい、木箱もあるなら木箱と、茶器を入れるきんちゃく袋が入っていたのですが、それも写真でアップロードしてほしいと言われました。

 

そこまで、言われると僕自身も「もしかしてもう少し価値のあるものかも知れない。」と思い、木箱や、茶器の裏の刻印などを含めて色々検索したら実際の取引では5万円前後で取引されていました。

 

それを8,000円で出品していたら格安のお買い得商品ですね。

 

恐らくコメント主も相場よりも安すぎたので本物か偽物か判断する為にコメントをされたのだと思います。

 

そのコメントで自分が適正価格を把握していないのでは無いかと思い、急いで色々調べたら「安すぎる!!」と急いで出品削除しました。

 

結構な価値のあるものだったので、すぐに売らなくても良いかとなり保管しています。

 

このように、茶器とか掛け軸や、着物、花瓶、お皿、置き物など精通している方ならその価値がどれくらいのモノか分かってるので適正価格を決めて出品出来ますが、僕みたいに全く分かっていない人は大損するかもしれません。

 

骨董品やオーディオなどの専門性が高い物は専用で買取している業者に依頼して、納得いく価格ならその値段で小物で送料がそこまで掛からないものはその値段を参考にメルカリに出品してみても良いです。

 

オーディオの場合は物自体が大きく、送料だけでも結構な値段が掛かるので買い取り業者などにそのままお願いする方が良いかもしれません。

専門性のあるものはその専門の買い取り業者に依頼がおススメ

キャンプ用品や、衣料品はメルカリで購入しようと考えている人が多いので、フリマアプリを利用したら良いですが、骨董品は本物と偽物で大きく価値が違うのでフリマアプリで個人が出品している物は実物を見る事も出来ないので、購入を控える人が多いです。

 

フリマアプリで、高級ブランドが出品されていても購入しようと思う可能性低いです。

 

ご自身がメルカリでエルメスのバーキンを50万で購入出来るのか、ロレックスが15万で売られているがそれを購入出来るかイメージしてください。

 

恐らく購入しようと思う人は少ないです。

買取専門業者は顧客が多い

骨董品やオーディオの専門買い取り業者に依頼すると、買い取り業者は専門ジャンルのお店を営業している事が多いのでニッチの分野を楽しんでいる人は絶対数が少ないので、専門のお店に集まるので売りやすいので値段も割高で買い取ってくれます。

 

買い取り業者は自分で営業している専門店に一定数の顧客を抱えているので、着物・高級ブランド物・時計・骨董品・オーディオ等は専門買い取り業者に依頼しましょう。